2019年5月開催中!LINEモバイルキャンペーンとコード一覧

2019年5月開催中!
LINEモバイルのキャンペーンとコード一覧

LINEモバイルで今月開催中のキャンペーンをまとめてあります!

当記事の構成は以下の通りです!

  1. 上部は今月のキャンペーンとコードのまとめ
  2. 真ん中辺りでキャンペーンの詳細
  3. 下部でLINEモバイルの特徴などを解説

【2019年5月開催中のキャンペーン】
SNS使い放題 新・月300円キャンペーン/ラキフェス/3,000ポイントバックキャンペーン/LINEモバイル招待キャンペーン/回線変更手数料 無料キャンペーン

2019年5月LINEモバイルで開催中のキャンペーン要約!

  1. SNS使い放題 新・月300円キャンペーン:月額利用料が3ヵ月間1,390円割引
  2. ラキフェス:OPPOのスマホ端末R15 NeoとR17 Proがセール価格に大幅値引き
  3. ドコモ・au・ソフトバンクユーザー 全員集合!3,000ポイントバックキャンペーン:3,000LINEポイントキャッシュバック
  4. LINEモバイル招待キャンペーン:招待URLで3,000LINEポイントと事務手数料無料
  5. 回線変更手数料 無料キャンペーン:ドコモ回線/ソフトバンク回線の変更手数料無料

詳細は下の方で解説してます!

→ 2019年5月開催中キャンペーンのコード一覧

ドコモ・au・ソフトバンクユーザー 全員集合!3,000ポイントバックキャンペーン:DAS333

今月のキャンペーンコードを使うキャンペーンは1種類のみ。

他のキャンペーンは条件を満たせば自動的に適用されます。

特典内容・期間・対象者・申し込み方法・注意点
  • 特典内容:ドコモ・au・ソフトバンクユーザー 全員集合!3,000ポイントバックキャンペーン
  • 期間:2019年4月22日 ~ 6月30日
  • 対象者:公式サイトからの音声通話SIM新規契約者
  • 申し込み方法:キャンペーンコード「DAS333」を入力する
  • 注意点:7月31日までに利用開始日を迎える必要あり
・キャンペーンコードを入力する場所と手順

公式サイトでのキャンペーンコード入力方法を解説します。

まずは公式サイトに行きます。



トップページは以下のような画面になっています。

① 公式サイトのトップページ

右上の「申し込む」を選択します。

申し込み内容を選んでいくと、以下のコード入力欄が表示されます。

② コード入力欄

申し込みの種類を選択したらキャンペーンコード入力欄が出てくるので、希望のコードを入れます。

キャンペーンのお得な併用方法

キャンペーンとは別に安く申し込む方法としてエントリーパッケージというものがあります。組み合わせて適用できるパターンがあるので、知っておきましょう。

エントリーパッケージには申し込み事務手数料3,000円が無料になる「エントリーコード」が記載されています。Amazonなどで500円くらいで購入でき、差額のお得分は約2500円です。

エントリーパッケージと組み合わせた方が良いのか、キャンペーン同士で併用した方がお得なのかが重要なポイントです。

【併用できるキャンペーン】
音声通話SIMの場合の一番お得な組み合わせ(エントリーパッケージも一部利用可能)/データSIMは適用外

主軸となるキャンペーンは「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」で割引額は4,170円。音声通話SIMで他のキャンペーンなどを使わければ自動的に適用されます。

他と併用する際の注意点はキャンペーンコードを必要とするか否かです。

コード入力による申し込みではエントリーコードも含めて、新・月300円キャンペーンが適用外となります。

→ エントリーパッケージとキャンペーンコードは併用できる

一方で、エントリーパッケージのコードとキャンペーンコードは併用可能です。公式サイトで申し込む際に、それぞれの入力欄が用意されています。

・キャンペーンコード/エントリーコードを併用して入力する場所と手順

キャンペーンコードとエントリーコードを併用する場合の入力方法を解説します。

まずは公式サイトに行きます。



トップページで以下のような画面が表示されます。

① LINEモバイル公式サイト

右上の「申し込む」を選択します。

申し込み内容を選んで進むと、以下のようなコード入力欄が表示されます。

② コード入力欄

「エントリーパッケージを使用して申し込み」を選ぶと両方の入力欄が表示されるので、希望のコードを入れます。

→ 2019年5月で一番お得な組み合わせ(音声通話SIM限定)

ドコモ・au・ソフトバンクユーザー 全員集合!3,000ポイントバックキャンペーン + エントリーパッケージ

= 約5,800円分の値引き

ドコモ・au・ソフトバンクユーザー 全員集合!3,000ポイントバックキャンペーンが使える2019年月30日まで。音声通話SIMのみの申し込みなら最安の組み合わせです(契約者連携が必須)。

6月30日以降の場合は「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」単独での適用が最安(= 4,170円の値引き)となります。

キャンペーンの注意点(期限と利用開始日)

期限が決まっているキャンペーンは、ギリギリに申し込むと間に合わないことがあります。特にウェブから申し込む場合は「利用開始日」に注意しましょう。

【キャンペーン全般の注意点】
期限は申し込み日ではない場合が多い/ウェブ契約の場合、利用開始日はドコモ回線とソフトバンク回線で異なる

キャンペーン利用で注意するべきなのが利用開始日です。ほとんどのキャンペーンの期限は「申し込み日」ではなく、「利用開始日」となっています。

更にウェブ申し込みの場合は、ドコモ回線とソフトバンク回線とで利用開始日の条件が異なるため注意が必要です。

お得なキャンペーンを逃さないためにも、申し込みは余裕を持って行うようにしましょう。

→ ドコモ回線の利用開始日(ウェブ申し込みの場合)

  • 新規番号:商品(SIMカードや端末)が発送された翌々日
  • MNP転入:「利用開始手続きが完了した翌日」か「商品が到着した3日後」の早い方

→ ソフトバンク回線の利用開始日(ウェブ申し込みの場合)

  • 新規番号:「利用開始手続きが完了した翌日」か「商品発送日の8日後」の早い方
  • MNP転入:「利用開始手続きが完了した翌日」か「MNP予約番号有効期限の最終日の翌日」の早い方

→ 店舗で契約した場合の利用開始日

  • ドコモ回線/ソフトバンク回線ともに契約した翌日

続いては、各キャンペーンの詳細を解説していきます。

SNS使い放題 新・月300円キャンペーン

好評のため長らく延長されているキャンペーンです。音声通話SIMであればどのプランにも適用されます。

【SNS使い放題 新・月300円キャンペーン詳細】
特典:月額利用料が3ヵ月間1,390円割引、誰でもみんなスマホ基本料300円~/期間・対象者・申し込み方法・注意点

SNS使い放題 新・月300円キャンペーンは割引額が大きい上にも関わらず、音声通話SIMであれば自動的に適用となるキャンペーンです。

ただし、申し込み時に他のキャンペーンコードやエントリーコードを利用すると対象外となります。別途利用したいキャンペーンがある場合は覚えておきましょう。

→ 通話SIM限定で月額料金が3ヶ月間1,390円引き(合計4,170円)+初月無料

SNS使い放題 新・月300円キャンペーンは長期開催で定番となっていますが、割引額としてはかなり大きいお得なキャンペーンです。 割引額は、一ヶ月につき1,390円。それが3ヶ月間続きます。

新・月300円キャンペーン適用による合計割引額

1,390円 × 3ヶ月 = 4,170円

契約初月の利用料無料は別途適用されるので、申し込みから2ケ月目に割引が始まります。そのため実際は4ヶ月合計で大幅割引を受けることになります。

→ 月300円キャンペーン適用時の利用料金

●LINEフリープラン

容量通常時キャンペーン適用時
(3ヶ月間)
1GB1,200円300円

●コミュニケーションフリープラン

容量通常時キャンペーン適用時
(3ヶ月間)
3GB1,690円300円
5GB2,220円830円
7Gb2,880円1,490円
10GB3,220円1,830円

●MUSIC+プラン

容量通常時キャンペーン適用時
(3ヶ月間)
3GB2,390円1,000円
5GB2,720円1,330円
7GB3,280円1,890円
10GB3,520円2,130円

→ 期間・対象者・申し込み方法・注意点

  • 期間:2018年11月7日 ~ 終了日未定(期間延長中)
  • 対象者:音声通話SIMの契約者
  • 申し込み方法:契約するだけ(条件を満たせば自動的に適用)
  • 注意点:他のキャンペーンコードやエントリーコードを使うと対象外になる。

ドコモ・au・ソフトバンクユーザー 全員集合!3,000ポイントバックキャンペーン

LINEモバイルに申し込むなら公式サイトから申し込みましょう。

ウェブ申し込み限定で、ドコモ・au・ソフトバンクユーザー 全員集合!3,000ポイントバックキャンペーンが適用されます。

【3,000ポイントバックキャンペーン】
特典:音声通話SIM新規申込時、ウェブサイトからキャンペーンコードを入力するだけでLINEポイントをプレゼント/期間・対象者・申し込み方法・注意点

音声通話SIMのウェブ申し込み限定(新規申し込みでもMNP転入でもOK)で、LINEポイントで3,000円相当のキャッシュバックが受けられるキャンペーンです。

au回線(キャリアでも格安SIMでもOK)からのMNP転入の場合は、さらに300ポイント(合計3,300ポイント)がプレゼントされます。

→ 期間・対象者・申し込み方法・注意点

  • 期間:2019年4月22日 ~ 6月30日
  • 対象者:公式サイトからの音声通話SIM新規契約者
  • 申し込み方法:キャンペーンコード「DAS333」を入力する
  • 注意点:契約者連携が必須で、7月31日までに利用開始日を迎える必要あり

ラキフェス(ラッキーフェスティバル)

利用料金の割引やお菓子のプレゼントなど、LINEモバイル加入者も未契約者もラッキーになれるというキャンペーンです。毎月どこかの水曜日に発表や実施をしています。

【ギフトが貰えるラキフェス】
特典:LINEモバイル公式アカウントからの抽選参加で、アイスやお菓子などのギフトが当たる/期間・対象者・応募方法・注意点

LINEアプリ上でLINEモバイル公式アカウントを友達追加すると、抽選でお菓子などがもらえるキャンペーンです。

キャンペーン期間中は当選するまで1日1回抽選に参加できるので、何度でも挑戦できます。

→ 期間・対象者・応募方法・注意点

  • 期間:商品発表から2~3週間(各ギフトにより異なる)
  • 対象者:抽選の上での当選者
  • 応募方法:LINEモバイル公式アカウントをLINEで友だち追加する
  • 注意点:当選の権利は応募者本人のみ有効(1人一回まで)

【ラキフェス第4弾 格安スマホセール】
特典:OPPOのスマホ端末R15 NeoとR17 Proがセール価格に大幅値引き/期間・対象者・注意点・申し込み方法

ウェブからの申し込み限定でOPPOのスマホ端末「R15 Neo」を19,980円、「R17 Pro」を59,980円のセール価格に大幅割引しているキャンペーンです。

新規契約や機種変更のほか、追加申し込み経由や招待プログラム経由での購入も対象となります。

→ 期間・対象者・申し込み方法・注意点

  • 期間:2019年4月10日 ~ 5月14日
  • 対象者:ウェブ申し込みでの購入者
  • 申し込み方法:公式サイトでR15 NeoかR17 Proを購入する
  • 注意点:店舗販売は行っていない

LINEモバイル招待キャンペーン

LINEモバイルの契約者が、新規申し込み者に招待URLを発行することで参加できる「招待プログラム」のキャンペーンです。

【招待プログラム詳細】
特典:招待した人(既契約者)にはLINEポイント3,500ポイントをプレゼント、招待された人(新規契約者)は事務手数料3,000円分が無料/期間・利用方法・注意点

招待プログラムの恩恵を受けられるのは招待した人(既契約者)です。音声通話SIMの招待なら3,500円相当のLINEポイント(データSIMの場合は1,000円相当)が得られます。

一方で、招待された人(新規契約者)の割引額はそこそこです。事務手数料3,000円が無料になるだけ。他のキャンペーンと併用もできないので、お得感はイマイチです。

→ 期間・利用方法・注意点

  • 期間:2019年1月21日 ~ 終了日は今後お知らせとのこと
  • 利用方法:招待URLから新規契約者が申し込む
  • 注意点:招待される人は他キャンペーンとの併用ができない

→ 友だちの招待方法

  1. マイページにログインして招待URL発行ページを開く
  2. 招待URLを発行する
  3. LINEやメールで友だちや家族に共有する

→ 実際にLINEポイントがもらえるのはいつ?

条件を満たした上で招待URLから申し込みが完了したら、招待した人には3ヶ月後にLINEポイントが付与されます。

LINEポイント付与のタイミング
→ 招待された人の利用開始月を1ヶ月目として、3ヶ月目の下旬

例)招待された人の利用開始日が4/1~4/30の場合:6月下旬

回線変更手数料 無料キャンペーン

LLINEモバイルではソフトバンク回線とドコモ回線が選べます。現在契約している人も変更が可能で、その際の手数料は通常3,000円です。

【回線変更手数料 無料キャンペーン詳細】
特典:ドコモ回線とソフトバンク回線の変更手数料が今だけ無料/期間・対象者・申し込み方法・注意点

2019年5月31までであれば、音声通話SIM契約者は無料で回線変更が可能です。ソフトバンク回線は当初のLINEモバイルで扱っていませんでした。

現在ではむしろLINEモバイルの主力回線となっているので、回線変更を促しています。現在ドコモ回線の人は、格安SIMでも高速を維持するソフトバンク回線に乗り換えるチャンスです。

→ 期間・対象者・申し込み方法・注意点

  • 期間:2019年3月1日 ~ 5月31日
  • 対象者:音声通話SIMの契約者
  • 申し込み方法:マイページから回線変更を行う
  • 注意点:データSIM(SMS付き含む)契約者は適用外

→ 回線の切り替え手順

  1. マイページの「各種手続き」をタップする
  2. 「ソフトバンク回線に変更」or「ドコモ回線に変更」をタップする
  3. ページ下部の「手続きをする」をタップする
  4. 端末を一緒に購入するか選択する
  5. オプションに加入するか選択する
  6. 「申し込む」をタップする
  7. SIMカードが送られてくる
  8. マイページで「利用開始手続きする」ボタンを押す
  9. 手続き後2~3時間で完了する ※
  10. 回線変更完了お知らせメールが送られてくる
  11. 端末の電源を切る
  12. SIMカードを新しいものに差し替える
  13. 端末を起動させる
  14. SMSが届いたら手続き完了!

※ 17時以降の場合は翌日10時以降の完了となるので注意

→ データのみSIM(SMS付き含む)の場合は再契約が必要

回線変更手数料 無料キャンペーンの適用は音声通話SIMの契約者限定です。

SMS付きを含むデータSIMでは回線変更自体ができません。希望者は一度解約手続きをした後、新規で申し込むことになります。

というわけで、現在開催中のキャンペーンは以上です。続いては、LINEモバイルで以前開催されていたキャンペーンを、系統別に解説します。

終了した過去のキャンペーン

以下はどれも終了したキャンペーンです。

現在のLINEモバイルの料金体型やサービス内容に影響を与えているものもあるので、参考にどうぞ。

【直近の終了キャンペーン】
5,000ポイントバックキャンペーン/AQUOS sense2 SH-M08とMoto E5のセール/iPhone6s購入者3,000LINEポイントプレゼント /平成最後のTwitterキャンペーン

  • 5,000ポイントバックキャンペーン
  • ラキフェス第2弾
  • ラキフェス第3弾 iPhone6s購入者3,000ポイントプレゼント
  • 平成最後のTwitterキャンペーン

【5,000ポイントバックキャンペーン詳細】
特典:音声通話SIM新規申込時、ウェブサイトからキャンペーンコードを入力するだけでLINEポイントをプレゼント/期間・対象者・申し込み方法・注意点

音声通話SIMのウェブ申し込み限定で、LINEポイントで5,000円相当のキャッシュバックが受けられたキャンペーンです。

→ 期間・対象者・申し込み方法・注意点

  • 期間:2019年1月23日 ~ 4月22日
  • 対象者:公式サイトからの音声通話SIM新規契約者
  • 申し込み方法:キャンペーンコード「TMTM0505」を入力する
  • 注意点:4月24日までに利用開始日を迎える必要あり

【ラキフェス第2弾 端末割引SALE】
特典:スマホ端末Moto E5がセール価格に大幅値引き/期間・対象者・申し込み方法・注意点

ウェブからの申し込み限定で「Moto E5」の販売価格を14,800円に大幅割引していたキャンペーンです。

新規契約や機種変更のほか、追加申し込み経由や招待プログラム経由での購入も対象。

→ 期間・対象者・申し込み方法・注意点

  • 期間:2019年3月6日 ~ 4月23日
  • 対象者:ウェブ申し込みでの購入者
  • 申し込み方法:公式サイトでMoto E5を購入する
  • 注意点:店舗販売は行っていない

【ラキフェス第3弾 iPhone6s購入者優待】
特典:音声通話SIM契約限定で3,000LINEポイントをプレゼント/適用条件・期間・申し込み方法・注意点

ソフトバンク回線への申し込みでiPhone 6sの端末セットを選ぶと、3,000円相当のLINEポイントがもらえたキャンペーンです。

招待URLからの申し込み、回線変更や追加申し込みも対象。

→ 適用条件(全て必須)

  1. ソフトバンク回線への回線変更 or 新規申し込み
  2. 音声通話SIMでの契約
  3. 端末購入でiPhone 6sを選択
  4. 利用開始後に契約者連携

→ 期間・申し込み方法・注意点

  • 期間:2019年3月27日 ~ 4月25日
  • 申し込み方法:公式サイト経由でiPhone 6sを購入する
  • 注意点:iPhone 6sはソフトバンク回線専用端末

【その他割引系】
ラキフェス第1弾 10人に一人スマホ基本料が一年間タダ(LINEフリープランのみ) /2ヶ月間ぜーんぶゼロキャンペーン

割引系は額が大きいほど短期間で終了する傾向にあります。

今後もそういったキャンペーンが開催された場合は、延長されにくいので即決で利用しましょう。

→ スマホ基本料が抽選で10人に1人タダに

ラキフェス第1弾として開催したキャンペーンです。音声通話SIMのウェブ申し込み限定で10人に1人が1年間大幅割引を受けられるというもの。

タダになるというのはLINEフリープランのみですが、その他の料金プランも以下の通りかなりお得に。

  • 2 〜 4ヶ月目:300円割引
  • 5 〜 12ヶ月目:1200円割引

現在は終了しましたがラキフェス自体は第2弾以降に続いています。

→ 2ヶ月間ぜーんぶゼロキャンペーン

  • 全プラン月額基本料(音声通話SIM限定)
  • 10分電話かけ放題
  • ウイルスバスターオプション
  • Wi-Fiオプション

それぞれ新規利用者限定で、上記4種類の料金が2ヶ月間無料になっていた太っ腹なキャンペーンです。

終了後もWi-Fiオプションは同様に、初月と翌月の2ヶ月間無料。月額基本料とウイルスバスターオプションは初月無料という形で定着しています。

【その他データ容量系】
ソフトバンク回線1Mbps以上キープ格安スマホ最速チャレンジキャンペーン/データ容量が2倍キャンペーン

データ容量系は「ソフトバンク回線を推すキャンペーン」と言っても過言ではない内容です。

系統は違いますが、上述の回線変更手数料無料キャンペーンも当初は「ソフトバンク回線 → ドコモ回線」への変更限定でした。

推してますね。ソフトバンク回線。

→ 格安スマホ最速チャレンジキャンペーン

通信速度と安定感に定評のあるソフトバンク回線で実施していたキャンペーンです。

  • 1Mbpsを下回ると詫びギガとしてデータ通信容量をプレゼント
  • 1Mbpsをキープできれば人気家電をプレゼント

どちらにしてもプレゼントかよ!Σ(゚Д゚)

というソフトバンク回線推しキャンペーンでした。今後もガンガン推していくと思われます。

→ データ容量が2倍キャンペーン

ソフトバンク回線開通後、まだカウントフリープランが対応する前に実施したキャンペーンです。

その名の通りデータ容量が2倍。カウントフリー機能がなくてもお得なソフトバンク回線。推されています。

【その他LINEポイント系】
契約解除料金相当負担キャンペーン/スマホ代にも使えるLINEポイントを正解者全員にプレゼント/LINEポイント大放出キャンペーン

LINEモバイルではLINEポイントによる料金支払いが可能です。そのため割引キャンペーンに近いものでもあります。

割引系との違いは、キャッシュバックの額が大きいことです。5,000円相当の内容も頻繁なので、定番のキャンペーンとよく比較することをオススメします。

現在ももちろん開催中。今後は間違いなく増えていく系統のキャンペーンです。

【その他シーズン系】
年末年始・大感謝祭/春の選べるキャンペーン/初夏の選べるキャンペーン/母の日キャンペーン/1周年記念キャンペーン/期間限定2周年記念スタンプ無料プレゼント

年末年始や春先など購買意欲の高まる時期にそれを後押しするキャンペーンです。 内容は上記3パターンの組み合わせで、お得なものが多いです。

ちなみにLINEモバイルの誕生日は9月5日。◯周年キャンペーンが行なわれるのはこのタイミングになります。というわけで9月前後は要チェックです。

以上がLINEモバイルでこれまで開催されたキャンペーンです。続いてはキャンペーンが終了した後も、定番化した割引サービスを解説していきます。

キャンペーン終了後も続いている割引サービス

キャンペーンで始まった割引などが定番化したサービスです。キャンペーンの影響を大きく受けているので今後も増える可能性高し。

【申し込み初月の月額基本料金無料】
利用開始日を含む月が対象/他の割引キャンペーンは翌月から適用となるので併用可能

申し込み初月の基本料金無料は格安SIMではおなじみです。ところがLINEモバイルでは違う割引キャンペーンが適用されている場合にも最適な形にしてくれます。

例)SNS使い放題 新・月300円キャンペーン適用の場合

初月無料 + 3ヶ月間の利用料金割引 = 4ヶ月間に渡ってオトク

自動的にもっとも得するように組み合わされます。

【2回線目以降の事務手数料が最大無料】
申し込み方法と注意点:契約者連携をしておけば複数のログインIDを管理できる/契約者の名義は統一する必要がある

追加申し込みのウェブ登録事務手数料はもともと3000円ですが、キャンペーン実施以降は以下の通り。

  • 音声通話SIM:無料
  • データSIM(SMS付き):500円(税抜)
  • データSIM:1,000円(税抜)

音声通話SIMなら無料なので、家族でシェア利用する場合などは特にオススメです。

→ 契約者連携すれば複数IDをマイページで一括管理できる

ログインIDは1契約につき一つとなっているため、追加申し込みをする度に増えていきます。

しかし契約者連携を済ませておけば、すべてのIDをマイページで一括管理できるようになります。

追加申し込みをするなら契約者連携は必ずやっておきましょう。

→ 契約者名義は統一しないといけない点に注意

追加申し込みは同じ契約者名義でないとできません。別名義で申し込む場合は新規申し込みと同じ扱いになるので気を付けましょう。

ちなみに同一名義での追加申し込みなら本人確認書類のアップロードは不要です。ラクチンです。

【Wi-Fiオプションが最大2ヶ月無料】
高セキュリティな公衆無線LANサービスが契約初月と翌月の利用料0円

LINEモバイルのWi-Fiオプションは月額200円。高セキュリティで有名なSecured Wi-Fiが使えるようになります。

初めて加入する場合は初月と翌月の利用料が無料です。

【ウイルスバスターオプションが初月無料】
個人情報漏洩を防ぐ最大3台で利用可能なセキュリティソフトが契約月の利用料0円

ウイルスバスターオプションは月額420円で加入できます。一契約で最大3代まで利用可能。初めて加入する場合は初月の利用料は無料となります。

以上がLINEモバイルで定番の割引サービスです。続いては、LINEモバイルならではの特徴などを分かりやすく解説していきます。

LINEモバイルの特徴・料金プラン・回線速度

LINEモバイルは…

  • 特徴:LINEなどSNS利用がオトクで便利になる
  • 料金プラン:3種類の料金プランで対象SNSがカウントフリー
  • 回線速度:ソフトバンク回線は超快適だがドコモ回線はイマイチ

【おすすめポイント】
LINEの年齢認証とID検索が可能/LINEユーザー同士でデータプレゼントできる/対応SNSがカウントフリー/フィルタリングサービスが無料

LINEモバイルは格安SIMでは、かなり特殊で強い個性を持ちます。特にSNSの利用に関してアドバンテージが大きい格安SIMです。

→ 格安SIMで唯一LINEの年齢認証可能、ID検索が使える

LINEの年齢認証は格安SIMにとっての越えられない壁。安さと引き換えになる大きな弊害でした。

ところが、LINEモバイルなら格安SIMでも唯一年齢認証が可能。ID検索も使えるようになります。

→ LINEユーザー間でデータプレゼントが可能、高速通信容量を分け合える

LINEモバイルのユーザー同士なら、LINEアプリ上で余ったデータ容量のプレゼントができます。

・ドコモ回線とソフトバンク回線同士でもデータプレゼントできる

同一回線に限らず、ドコモ回線とソフトバンク回線の間でも容量プレゼントが可能。

キャリアのSIMロックがかかった端末同士で、違う回線を利用していても便利です。

→ LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの通信容量がカウントフリー

最大の強みはこれ。プランによって、メジャーなSNSであるLINE、Twitter、Facebook、Instagramがカウントフリーで利用できます。

更にMUSIC+プランならLINE MUSICもカウントフリー。音楽ストリーミングユーザーなら、かなりオススメです。

→フィルタリングアプリ『iフィルター』が無料で使える

LINEモバイルでは、子供のスマホ利用にもっとも安心度が高いフィルタリングアプリ「iフィルターが無料。

見守り機能に特化してしているとも言えるので、小さな子にスマホを持たせるならLINEモバイルは最適です。

【料金プラン】
LINEフリー・コミュニケーションフリー・MUSIC+/クレジットカードなしでもLINE Payカードで契約すれば口座振替が使える/格安スマホでも端末補償オプションなどが充実

料金プランの種類

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC + プラン

→ LINEフリープラン

カウントフリー対象

  • LINE
容量データSIMデータSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB月額500円月額620円月額1,200円

→ コミュニケーションフリープラン

カウントフリー対象

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
容量データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB月額1,110円月額1,690円
5GB月額1,640円月額2,220円
7GB月額2,300円月額2,880円
10GB月額2,640円月額3,220円

→ MUSIC + プラン

カウントフリー対象

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE MUSIC
容量データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB月額1,810円月額2,390円
5GB月額2,140円月額2,720円
7GB月額2,700円月額3,280円
10GB月額2,940円月額3,520円

→ LINE Payカードで申し込みや口座振替が可能

LINEモバイルはクレジットカードなしで申し込みできる数少ない格安SIMです。

クレジットカードなしの場合、申し込みはプリペイドであるLINE Payカードに。支払いは銀行引き落としによるオートチャージも選べるので、実質口座振替できる格安SIMとなっています。

→ 格安SIMでも端末補償に加入できて安心

LINEモバイルでは申し込み時に端末補償に加入するかどうかを選べます。

しかもセット購入したスマホだけでなく、持ち込み端末でも加入できるのが大きなメリット。

スマホをよく落とすなど、壊しやすくて不安な人はぜひ利用しましょう。

【通信速度】
ソフトバンク回線は高速で快適/ドコモ回線はやや遅い/速度制限後もカウントフリーのSNSなら低速化しない

LINEモバイルはソフトバンク回線に始まりソフトバンク回線に終わります。とにかく速くて快適です。

ドコモ回線は格安SIM全社で見ると料金と快適さバランスで平均よりやや劣るくらいです。

→ 用途別の必要速度と快適なソフトバンク回線

通信用途読み込みに
必要な速度
LINEモバイル
(ソフトバンク回線)
YouTube普通画質:0.5
高画質:0.8
1.0~8.0
Twitter普通:0.7
良い:1.0
1.0~1.1
インスタグラム普通:0.9
良い:1.5
1.0~1.8
Yahoo!
(テキスト中心サイト)
普通:0.7
良い:1.2
1.6~6.8
楽天市場
(画像が多いサイト)
普通:1.0
良い:2.0
1.3~2.5
アプリダウンロード普通:2.0
良い:5.0
2.7~31.1

数値の単位はすべてMbps

どの用途においても基準値を満たすのがLINEモバイルソフトバンク回線の強みです。

格安SIMにおいてソフトバンク回線のメリットは、利用者が多くないため混雑しにくいこと。しかもLINEモバイルはSoftBankの子会社なので、他社に比べてソフトバンク回線の設備強化に力を入れています。

LINEモバイルに申し込むならソフトバンク回線一択です。

→ ドコモ回線はやや遅く選ぶメリットが少ない

昼頃の混雑する時間帯がドコモ回線にとっての鬼門です。特に12時台は通信速度が大きく落ち、動画視聴などはかなり厳しくなります。

もちろん通常利用に支障があるわけではありませんが、デメリットの方が大きく目立ちます。

せっかくソフトバンク回線が強いLINEモバイルで、あえて選ぶメリットはほぼなし。SIMロックがかかったままのdocomo端末で、カウントフリー機能が使えるという点くらいです。

→ 速度制限後もカウントフリーなら関係なし

料金プランのデータ容量上限を使い切ると200kbpsの低速通信に切り替わります。テキストサイトの閲覧なら問題ありませんが、画像の多いページや動画視聴は厳しいレベルです。

しかし、カウントフリーの対象SNSには関係がありません。コミュニケーションフリープランならTwitterなどの動画は高速通信のまま視聴可能。ストレスフリーです。