LINEモバイル|料金プランシミュレーションと電話料/SMS料

LINEモバイルの電話代とSMS料金

基本通話料20円/30秒
SMS送信料国内送信 3~30円/通(課税あり)
 ※文字量などで変化
海外送信 50~500円/通(非課税)
 ※文字量などで変化
海外で送信 100円/通(非課税)
いつでも電話(通話アプリ)10円/30秒
10分かけ放題【月額880円】
10分以内 0円
10分超過 10円/30秒

【LINEモバイルの音声通話料金と節約方法】
通常は20円/30秒だがLINE無料通話、いつでも電話、10分かけ放題オプション、LINE Out FREEまたはコールクレジット(30日プランなど)で安くできる

LINEモバイルの国内通話料金:20円/30秒

LINEモバイルの通話料金は決して安くない金額ですが、節約方法が充実しています。

  • LINE無料通話:カウントフリーのおかげでほぼ無制限に利用可能
  • いつでも電話:10円/30秒のLINEモバイル利用者専用通話アプリ
  • 10分かけ放題オプション:月額880円で10分以内の国内通話が回数無制限
  • LINE OUT:30日プランなどコールクレジット購入で通話できるLINEの機能
  • LINE OUT Free:広告視聴で国内外の無料通話ができるLINEの機能

特に「LINE無料通話」と「いつでも電話」を基本として使えば、ほぼ無料程度に通話を安くすることができます。

国際電話の料金

例)アメリカの場合

ソフトバンク回線:39円/30秒
ドコモ回線:平日8時~19時:34円/30秒、それ以外:31円/30秒

ソフトバンク回線で契約した場合、申し込み不要で国際電話が使えます。ドコモ回線の場合は契約時か、契約後にマイページの「プラン・オプション」から申し込むことができます。

どちらも手続きは無料ですが通話料はかかります。各国の通話料金は公式サイトから調べることが可能です。

フリーダイヤル(0800 と 0120)の料金

LINEモバイルは0800はもちろん、0120で始まるフリーダイヤルにも無料で通話できます。

フリーダイヤルからかかってきた場合も相手の通話料金は完全無料です。

着信時(電話受信側)の料金

着信時の電話受信側の料金は無料ですが、発信者には通話料が発生します。

相手側にも料金を負担させたくない場合は上記のLINE無料通話などを利用すればOKです。

【国内外SMS送信料金 ※受信は無料】
LINEモバイルならショートメール(ショートメッセージ)オプションを付けなくても、データ量消費なしのLINEアプリで代用可能

国内送信:3~30円/通(課税あり)※文字量などによる
海外へ送信:50~500円/通(非課税)※文字量などによる
海外で送信:100円/通(非課税)

月額500円~のLINEフリープランも含めて、LINEモバイルではLINEアプリのデータ量が無制限です。そのため基本的にSMSの出番はありません。

音声通話・SMS付き・データのみ各SIMの料金プラン

LINEモバイルのSIMカードも他社格安SIMと同様に、音声通話機能付き、SMS機能付き、データ通信のみと使いたい機能別に選びます。

異なる点は料金プラン。どれも対象のSNSやサービスがカウントフリーになるプランになっています。

【LINEモバイルの月額基本利用料】
「LINEフリー・コミュニケーションフリー・MUSIC+」の3種類の料金プランからカウントフリーにしたいサービスを決め「音声通話・SMS付き・データのみ」の機能別にSIMカードを選ぶシンプルなスタイル

データ通信機能のみのSIMカードと、1GBプランはLINEフリープラン限定での提供となっています。

またコミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランは3GB以上の容量となっています。

【LINEフリー】
月額500円でLINEアプリがカウントフリーで使い放題な必要最低限の1GB最安料金プラン

容量データSIMデータSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB月額500円月額620円月額1,200円

【コミュニケーションフリー 】
LINEアプリと一部SNS(Twitter/Facebook/Instagram)がカウントフリーで使い放題な一番人気3GB~の料金プラン

容量データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB月額1,110円月額1,690円
5GB月額1,640円月額2,220円
7GB月額2,300円月額2,880円
10GB月額2,640円月額3,220円

【MUSIC+】
LINEアプリと一部SNS(/Twitter/Facebook/Instagram)に加えLINE MUSICがカウントフリーで使い放題な3GB~の料金プラン

容量データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB月額1,810円月額2,390円
5GB月額2,140円月額2,720円
7GB月額2,700円月額3,280円
10GB月額2,940円月額3,520円

※公式サイトの表示はすべて消費税抜き料金(税込みは+8%)

例)MUSIC+5GBプラン:2,140円(税抜き) → 2,311円(税込み)

【最適プランの選び方】
LINEモバイルの格安SIMはドコモ回線もソフトバンク回線も月額料金とデータ量は同じ、SNSのカウントフリー内容と音声通話が選べるかを基準に

どの格安SIMでもソフトバンク回線はドコモ回線に比べて高速ですが料金が割高です。ところがLINEモバイルでは両回線まったく同じ料金。

そのため特別なこだわりがない場合、ソフトバンク回線を選んだほうが得です。選ぶプランは頻繁に使うSNSなどを基準に決めましょう。

普段使いのスマホとして運用するなら、まずはコミュニケーションフリーの5GBプランがもっとも無難でオススメです。しばらく使ってみてプラン変更することも可能です。

【追加データ量の料金】
プランのパケット量を全部使い切っても各SNSは快適に使い続けられるが、データフリーも使いすぎれば200kbpsの速度制限になる

プランの契約データ容量を使い切った場合、マイページから購入することができます。

→ ドコモ回線の場合
0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)を、1ヶ月のうち合計3回まで購入できます。

→ ソフトバンク回線の場合
0.5GB(500円)、1GB(1,000円)を、1ヶ月のうち合計10回まで購入できます。

購入したデータ通信量は翌月末日までに消費しなかった場合、消滅します。翌月末日以降は繰越されないので注意が必要です。

カウントフリー(データフリー)での速度制限

カウントフリーの対象サービスは基本的に無制限で利用可能です。しかし他のユーザーの迷惑になるほどのレベルで使った場合は速度制限にかかることがあります。

公式サイトでも明確な基準は設けられていませんが、LINEモバイルで想定された1日のコミュニケーションで利用される一般的な通信容量。これが基準となっていて、超過した場合に制限措置がとられるとのこと。

対象サービスで1日に大量の動画をアップするなど、あまりに激しい利用は控えましょう。

【大手キャリアとの料金プラン比較】
既設回線利用やネット販売などで設備経費が少ない分、docomo、au、Softbankと比べて毎月約5000円(年6万円)ほど安い

→ 大手キャリアユーザーの平均スマホ利用料金(月額)
端末代金支払い中:約9,000円
端末代金の支払いが終了:約7,000円

→ LINEモバイル人気プランの利用料金(月額)
コミュニケーションフリー5GB音声通話プラン:2220円+通話料

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えた場合、毎月4,000円~6,000円程度は安くなる計算です。

2年目以降の料金■キャリアのように契約から2年後に料金は上がるか?

docomo、au、SoftBankのキャリアでは新規契約から2年後に端末の支払いが終わります。しかし、なぜか利用料金は安くなりません。

端末サポートなどによる割引が終了し、実は高い基本料金に戻っています。一見すると毎月の利用料金は変わらないため気づかない人も多い巧妙なトラップです。

LINEモバイルでは端末セットでスマホを購入した場合は自身で分割料金を払う必要がありますが、元の基本料金が安いので総合的には確実に得です。しかも元々割引などされていないので2年後も料金は上がりません。

LINEモバイル公式サイトの料金シミュレーション

LINEモバイル料金シミュレーション紹介

格安SIMでプランを選ぶ時、最初は程度が分からず難儀します。細かく考えるのが面倒くさいし「よく分かんねえよそんなの」ってのが正直な感想です。

そんな人向けにLINEモバイルではチャット方式の料金シミュレーションができます。

現在の電話代やスマホ利用状況をクリックで答えていくと自分に最適な料金プランを提示してくれるシステムです。

【月額料金プラン別シミュレーション】
実際の料金明細が公式サイトで詳細に計算可能■契約内容によっては申し込み翌月からの請求金額は月額300円になる

料金シミュレーションの回答途中

動画サービスをどのくらいの頻度で利用するか?など質問形式で回答していきます。

スマホからでもパソコンからでも利用可能です。

ボクの場合の回答は以下の通り↓

・現在のスマホ利用料金は3000円以下
・LINE MUSICは利用しない
・LINE以外のSNSもよく利用する
・音声通話も利用する(ごくたまに)
・YouTubeなどの動画はたまに見る

1分もかからずに終わる内容でした。

その結果、最終的に表示されたのがコチラ。

料金シミュレーションの回答結果は精度が高かった

コミュニケーションフリープラン
5GB音声通話SIM

3GBだと動画視聴に心許ないけど、7GBほどは使いません。

スマホを使わない親と通話するときなどには電話機能も必要です。

SNSはTwitterなども結構見るので確かにピッタリです。

というわけでカンタンなシミュレーションながら、かなり優秀な精度だと言えます。

SNS使い放題 新・月300円キャンペーンに注目

3ヶ月間ずっと月額300円で利用できる音声通話SIMがあります。

コミュニケーションフリープランの3GB音声通話SIMは、通常なら月額1,690円です。ところが現在も延長中の「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」適用で月額300円。

初月は無料なので、申込み後4ヶ月間の基本利用料は合計でたったの900円という有り得ない安さになります。キャンペーンは音声通話SIM限定で他のプランにも月額1390円割引として適用できます。

オプションの料金

オプションサービスは格安SIMの中でもかなり充実しています。とはいえ必要ないものを申し込む必要はありません。

無料のオプションを利用するだけでも全く問題なしです

【LINEモバイルのオプションサービス料金】
LINE MUSIC、端末補償、Wi-Fiオプション(テザリングは無料で利用可能)、ウイルスバスター、子供用フィルタリングアプリiフィルター

LINE MUSIC契約時申込で4ヶ月間は月額500円
4ヶ月以降は月額750円
端末保証月額450円
Wi-Fiオプション月額200円(2ヶ月間無料)
ウイルスバスター月額420円(初月無料)
i-フィルター無料

【通話関連オプションの料金】
ドコモ回線とソフトバンク回線それぞれの留守番電話、割り込み通話、転送電話、ナンバーブロック

ドコモ回線留守番電話月額300円
ソフトバンク回線留守番電話無料
(月額300円で保存件数と
期間が増やせる)
割り込み通話月額200円
転送電話無料
ナンバーブロック月額100円

契約時など各種手続き時の手数料

申込み事務手数料3,000円
SIMカード発行手数料400円
SIMカード変更手数料3,000円
データ容量追加購入500円~
回線変更手数料3,000円
プラン変更手数料無料

【各種手続きの手数料】
新規契約の事務手数料3000円が500円程度になるエントリーコードと無料にする方法、12ヶ月以内解約時の違約金と最低利用期間なしのプラン

→ LINEモバイルの新規申し込み時にかかる手数料

申し込み事務手数料3000円 + SIMカード発行手数料400円 = 3400円(税抜)

新規申し込み時の料金とエントリーパッケージ

Amazonやヨドバシカメラなどでは、LINEモバイルのエントリーパッケージが約500円ほどで販売されています(価格は店舗による)。エントリーパッケージの中に記載されているエントリーコードを、新規申し込み時にLINEモバイルウェブサイトで入力。

エントリーコード登録事務手数料 = 申し込み事務手数料を支払う必要がなくなります。差額の約2500円がお得になる方法ですが、注意点も。

エントリーコードを入力する欄はキャンペーンコードを入力する欄でもあるため、どちらか一つしか選べません。つまり超オトクなキャンペーン期間中は、むしろ損をすることもあるわけです。

解約違約金と他社乗り換え時のMNP転出料

解約時違約金 9,800円
※最低利用期間(12ヶ月間)
 以内での解約時
MNP転出料3,000円

【回線・プラン変更や追加SIMの料金】
既に LINEモバイル利用中でドコモ回線からソフトバンク回線に切り替えるなどの場合は3000円の手数料で手続きが可能

ドコモ回線とソフトバンク回線、お互いにそれぞれから切り替える場合は3000円の手数料がかかります。LINEモバイルでドコモ回線を選ぶメリットはほぼないのでソフトバンク回線一択です。

『コミュニケーションフリー3GB → MUSIC+5GB』などプランとデータ容量の変更は無料で行えます。適用されるのは翌月1日です。

『データSIM → 音声通話SIM』などの変更がしたい場合はSIMカード変更手数料として3000円がかかってきます。

端末セットの料金

新規申し込み時にスマホも同時購入したい場合は端末セットがオススメです。24回分割払いにも対応しているので初期費用を抑えることができます。

【端末セット購入時の料金】
HUAWEI nova liteやiPhone SEなど人気機種の価格(iPhone7などApple高性能端末はラインナップになし)※LINEモバイルの料金プランにはスマホ本体代は入っていないので注意

機種名24回分割/月
(税抜)
一括払い
(税抜)
iPhone SE (32GB)1,340円30,800円
iPhone SE(128GB)1,780円40,800円
HUAWAI nova lite 31,220円26,880円
AQUOS
sense2 SH-M08
1,540円34,800円
ZenFone Live (L1)810円17,800円
HUAWEI P203,010円69,800円
HUAWEI P20 lite1,310円28,980円
Moto E5820円18,800円
ZenFone 52,270円52,800円
HUAWAI nova lite 21,120円25,980円
AQUOS
sense lite SH-M05
1,460円33,800円
arrows M041,417円32,800円
HUAWEI
MediaPad T5
(タブレット)
1,160円26,800円
Aterm MP01LN
(ルーター)
※ドコモ回線のみ
520円11,980円

【手持ちのスマホやiPhoneをそのまま使う場合】
Softbankとdocomoの機種はほぼ問題ないが、au端末はLINEモバイルだとSIMロック解除が必要

SoftBank端末はSIMロック解除なしでLINEモバイルのソフトバンク回線が利用できます。ドコモ回線を選ぶメリットは少ないのでオススメです。

docomo端末をLINEモバイルで利用する場合はドコモ回線ならそのまま使えます。ソフトバンク回線にしたければdocomoでSIMロック解除を申し込みましょう。

au端末はどちらの回線でもそのままでは使えません。必ずSIMロック解除の手続きを行いましょう。SIMロック解除を行えば、SIMフリー機種と全く同じ条件になります。

LINEモバイルの評判とメリット・デメリット

こちらYahoo!知恵袋でのLINEモバイルの評判です。

LINEモバイルの回線について。
appさん2018/8/2316:43:24
この度LINEモバイルへの加入を考えております。そこで、ソフトバンク回線かドコモ回線かで悩んでいるのですが、どちらのほうがオススメでしょうか?
個人的にはなんとなくドコモのほうが好きですが、回線ごとの機能を見ますと、留守番電話機能が無料でつくソフトバンクのほうが魅力的ですし、電話よりはネットばかり使います。また山やド田舎にいるわけでもないですが、いざというときに困るのではとも思います。ドコモ回線の無料の電話ブロックも魅力的です(現在ブロックしている番号ありませんが…)ソフトバンク回線寄りで考えておりますが、ドコモ回線も捨てきれません。ご意見頂きたいと思いますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m

ベストアンサーに選ばれた回答
brpさん 2018/8/2322:18:17
まずドコモ回線、ソフトバンク回線だろうが1秒間に10MB(10メガビットつまり10Mbps)の通信で60万円〜80万円のお金をLINEモバイルはドコモやソフトバンクに払っています(各社卸値は違います)
契約者が増える→回線を買い増す
この流れを繰り返さないとだんだん遅くなるわけです
以前はドコモ回線しかありませんでしたから契約者が増えるたび回線を増やしていたわけです
ところがソフトバンク資本になりソフトバンク回線を扱い始めました
当然、宣伝しますし最速を目指しどんどん回線を買い増すわけです
ただ予算は限られます
どこも赤字状態になりながらの経営のためソフトバンク回線を重視したらドコモ回線を買い増すペースは落ちるはずです
そしてスピードの実測値ですけどサービス開始1年、2年はドコモ回線最速クラスでしたが今は早くも遅くもないくらいです
ソフトバンク回線は始まったばかりですのでMVNO最速クラスのスピードが出ています
文章ヘタですみませんがこれからドコモ回線は良くて現状維持のスピードでもっと遅くなる可能性が高いです
ちなみになぜサービス開始時は早いのかというと
例え話でわかりやすく言うと(厳密には違う)
卸元の都合で1万人分の回線が最低単位だとしてスタート時に契約者が1000人しかいない
この状態のときスピードが速いんです

質問した人からのコメント
2018/8/25 03:15:27
ありがとうございました(^^)
ソフトバンク回線にしようと思います

Yahoo!知恵袋 カテゴリ「格安SIM」より

【LINEモバイルの特徴】
SoftBank子会社の関係であり同社回線なら高速かつソフトバンク端末はSIMロック解除が不要、そのため評判は非常に良い、ただし同じ系列でもYmobile端末はそのままでは使えない

ソフトバンク回線を扱う格安SIMは非常に少なく料金も高めです。そんな中LINEモバイルはSoftBankの子会社なので料金的にも回線的にも非常に優遇されています。

そのためLINEモバイルでもソフトバンク回線は特にメリットばかりです。SoftBank端末であればSIMロック解除無しでソフトバンク回線が利用できます。

ちなみにLINEモバイルと同じように、YmobileもSoftBankの子会社で回線も同系列です。ですがYmobile端末は独自のSIMロックがかかっているため、そのままではLINEモバイルで利用できません。

【LINEモバイルのメリット】
対象SNSのデータ通信がカウントフリー(データフリー)、ソフトバンク回線は通信スピードが速いのに他社格安SIMよりも安い料金、クレジットカードなしでもLINE Payカードで口座引き落としも含めて支払い可能

SNS関連のサービスがカウントフリー(データフリー)で利用できる格安SIM。LINEなど主要なSNSが無制限に使えるという独自のサービスがLINEモバイルのもっとも大きなメリットです。

加えて高速なソフトバンク回線が他社よりも安く利用できる点もアドバンテージ。混雑して低速化しやすい昼12時台もソフトバンク回線にはほぼ影響がありません。

またクレジットカードなしでも、LINE Payカードで申し込みが可能となっています。LINE Payカードは銀行引き落としのオートチャージに対応しているため、実質口座振替可能な格安SIMでもあります。

【LINEモバイルのデメリット】
音声通話SIMは最低利用期間が12ヶ月、ドコモ回線は遅めの通信速度で平均的な料金、かけ放題プランが不十分で通話料は高め、問い合わせ電話が有料、キャリアメールはなくGmailなどで代用

音声通話SIMで契約する場合は最低利用期間が12ヶ月となっています。キャリアの2年に比べれば短いですが、6ヶ月などの格安SIMもあるため縛りは若干長めです。

またLINEモバイルのドコモ回線は混雑する昼12時台に低速化しやすく、料金も特別安くありません。デメリットしか目立たない回線です。

通話料は20円/30秒と高めで完全なかけ放題プランもありません。そのため電話回線で長時間通話したい人には向いていないと言えます。問い合わせ電話も有料なので覚えておきましょう。

更に格安SIMに共通の注意点ですが、キャリアメールがなくGmailなどを取得してスマホに登録する必要があります。

【他社との比較】
格安SIMでは唯一LINEアプリの年齢認証ができるのでID検索も利用可能、UQモバイルやBIGLOBEモバイルなどと同様に大手キャリアの子会社なので回線品質は超優秀、さらに料金は平均よりも安いレベル

格安SIMではLINEの年齢認証が使えません。そのためID検索も使えないというのが結構大きな問題となっています。しかしそこはLINEモバイル。格安SIMで唯一LINEの年齢認証ができます。

UQモバイルやBIGLOBEモバイルはKDDIの子会社です。そのためau回線が高速で、UQモバイルに至っては格安SIMでも最速を誇っています。しかしLINEモバイルもSoftBankの子会社なので、UQモバイルほどではなくても高速です。

ちなみにUQモバイルは高速ですが、料金はかなり高いです。一方、LINEモバイルは高速回線にも関わらず格安SIM平均価格よりも安いレベル。コスパの面ではむしろ勝っていると言えます。

↓参考

LINEモバイルとソフトバンク回線系格安SIMの料金比較

会社名データ容量ソフトバンク回線
月額料金
LINEモバイル3GB1,690円
リペアSIM3GB1,780円
QT mobile3GB1,800円
mineo3GB1,950円
Hitスマホ3GB1,980円
b-mobile s3GB1,990円
H.I.S.モバイル3GB2,090円
nuroモバイル5GB(3GBなし)
2,480円
スマモバ(S)3GB3,380円
ワイモバイル3GB3,980円
U-mobile SUPER3GB3,980円

【一番のオススメはSoftBankユーザー】
LINEモバイルのソフトバンク回線なら現在使っているスマホそのままで乗り換えでき、料金は毎月約5000円安いのでカンタンかつお得

SIMロック解除無しで乗り換えができるSoftBankユーザーは、LINEモバイルの恩恵をもっともカンタンに受けられます。

月額利用料にして約5000円は安くなります。SoftBankの本回線に比べれば遅くなりますが、利用していてもさほど実感できるレベルではありません。

SoftBank → LINEモバイルへの乗り換え。とにかくオススメです。

LINEモバイルの料金支払い方法と確認の仕方

LINEモバイルは、数少ない「クレジットカードなしで申し込みできる格安SIM」です。クレジットカードを使わない場合はLINE Payに登録して申し込むことになります。

【月額基本利用料等の支払い方法】
本人名義のクレジットカード、LINE Pay(カード)と口座引き落とし、LINEポイント
※契約初月は無料なので日割り料金も不要

LINEモバイルの料金支払い方法は3通りです。

  • クレジットカード:本人名義のもの
  • LINE Pay(カードも):チャージして利用(銀行引き落とし可能)
  • LINEポイント:1ポイント=1円として利用可能

LINEポイントは支払いに充てることはできますが、契約時にはクレジットカードかLINE Payどちらかでの申し込みが必要になります。

LINE PayはLINEによる決済サービスであり電子マネーの一種です。そしてLINE Payを利用する手段の一つがLINE Payカードになります。

重要なのはLINE Payは銀行引き落としのオートチャージにも対応している点。つまり、LINEモバイルでは口座振替による支払いができることと同じになります。

料金が発生するタイミングはいつから?

LINEモバイルでは契約初月の利用料金が無料です。そのため月の途中で利用開始した場合でも日割り計算にはなりません。

料金が発生するのは契約月の翌月から。最初の請求日は2ヶ月後の5日頃となります。

例)1月15日に契約:1月分は無料 → 2月1日から料金発生 → 3月5日に初請求

【料金明細について】
マイページでの確認方法と見方、通話明細の申し込み方法

料金明細はLINEモバイルの公式サイトのマイページから確認できます。

マイページ → 「データ残量」右の矢印をタップ → 「料金明細」をタップ

通話明細について

音声通話の明細が見たい場合は「通話明細」を申し込む必要があります。

→ 既にLINEモバイル利用中の場合
マイページから申し込み可能。
月額:100円(税抜)
※初月(利用開始日が属する月)は無料

→ LINEモバイル新規申し込みの場合
回線契約時のオプション選択時に申し込み可能。
申し込みから2ヶ月間:無料
3ヶ月目以降:100円(税抜)